12/26 小2 内股の改善とシュートまでの流れ。キック力

顔を上げてのドリブルと動きながらのパス
シュートまでの流れ
キック力の要素2種類
斜めの歩きと走り

内股でインステップキックが打ちづらかったのですが
回数を重ねるごとでだいぶ内股は改善されてきました。

内股すぎるとインステップが打ちづらくアウトサイドにばかり当たります。
今回はインステップにもだいぶ当たるようになり、キック力の要素を2種類行うことができました。

サッカーの目的はゴール。ということを再認識し、2種類のシュートをチームでもぜひチャレンジして欲しいと思います。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村